だいばかの裏

だいばかの裏

"

Q. キリスト教では同性愛はいけないんですよね?

A. ぜんぜんオッケーです。

【パート1】

1.序論:「聖書に書いてあるから」ということ自体が聖書に対する冒涜である。
  
  まず最初に、「聖書に書いてあるから、同性愛はいけない」と言うこと自体おかしいのだ、ということをはっきりさせておきましょう。
  同性愛を非難するクリスチャンのうち、ほとんどの人が「聖書に罪と定めてある」と、聖書を引き合いに出します。このこと自体がたいへん欺瞞的なのです。
  なぜなら、そのように言うクリスチャンのほぼ全員が、聖書に定めたとおりの生き方などしてはいないからです。

  「同性愛者は死ななければならない」(参照:レビ記18章22節、20章13節)と言っているのは、旧約聖書のなかの「律法」と呼ばれる掟です。
  しかし、同じ律法の中に、たとえば「反抗的な息子は殺せ」(参照:申命記21章18節以降)と書いてあります。また、「結婚している兄が死んだら、家系を絶やさぬように、弟がお兄さんの妻と再婚してあげなさい」(参照:申命記25章5節以降)とか、あるいはそんな極端なケースでなくても、ふだんから「タコやイカは食べてはいけない」(参照:申命記14章9節以降)とか……、ほかにもいろいろ面白い掟があるのですが、そういった掟を全部守っているクリスチャンがいるかと言えば、そんな人はまずほとんどいないでしょう。
  にも関わらず、同性愛の禁止に関してだけはムキになって「聖書に書いてある」と言い出す人がいるわけです。

  自分が守ってもいないし、従ってもいないくせに、その聖書を盾に自分の主張を正当化するのは、聖書を自分の目的のために都合よく利用することであり、要するに聖書に対する冒涜です。
  結局、そういう人は「聖書、聖書」と言いながら、自分の都合で守るべき教えとそうでないものを区別しているものなのです。こういう人たちは……
 (1)律法の中で、自分が守り切れない厳しいものは「神はこのような不完全な私をも赦してくださいます」などと言って逃れ、
 (2)自分が守る必要を感じないものについては、「これはユダヤ教の律法であって、キリスト教はこれを克服した」などと言って排除し、
 (3)自分でも守れるな、これは、と思ったものについては、「イエスは律法の一点一角も消え去ることはない、と言われた」(参照:マタイによる福音書5章18節)などと言って、頑固に順守を主張したりするわけです。
  つまり、判断をしているのは自分の主観であって、聖書はそれに後から理由をつけるために都合よく利用しているだけなのです。

  自分の主観に過ぎないものを、神の意志、聖書の意志であるかのように称するのは、自分で判断したことや発言したことに対して自分で責任を取らない事にもつながります。そういう人は、自分の判断に過ぎないものを、「聖書が言っている」と、聖書の権威を借りて正当化したりするのです。これもまた、聖書に対して不謹慎な態度といえます。
  まして、人をほめたり、たたえたりするのではなく、おとしめたり、断罪するために聖書を利用する。こんなに傲慢な聖書の使用法はありません。
  したがって、「聖書に書いてあるから」という理由で、同性愛者、あるいは他のどんな人をもおとしめることは、意外に聞こえるかも知れませんが、実はゆるし難い聖書に対する冒涜だと言えるのです。

"

Load more posts